名古屋の高校入試

名古屋の一部分の高校入試

【2023(2024春入試)】南陽(総合)~第1回進路希望調査

【2023(2024春入試)】南陽(総合)~第1回進路希望調査

第1回 定員 希望者数 第1希望 第2希望 倍率 第1希望倍率
2019 240 473 306 167 1.97 1.28
2020 240 413 262 151 1.72 1.09
2021 240 322 204 118 1.34 0.85
2022 240 393 264 129 1.64 1.10
2023 240 396 253 143 1.65 1.05

今年度は昨年度とほとんど希望者数が変わらない。例年通りになりそう。

ただし,本番に向けて進路希望が変わります。したがいまして,第1回,第2回,本番でどのように進路希望が変化したのかをグラフにしてあります。参考にして下さい。

☆本番のデータの注意点
 2023年春の入試から一般入試とは別日に推薦入試や特色入試(2023年春に新設)が行われるようになったため,第1希望のデータは推薦・特色の合格者数と一般の第1志願者の合計になっています。2022年春までは推薦の受検者は第2希望も受けていましたので,2023年春以降本番のデータは,推薦・特色の合格者の分,第2希望が少ないことになります。

第1回進路希望調査・リンク表
名古屋市内・専門学科
Aグループ Bグループ
旭丘(美術) 千種(国際教養)
明和(音楽) 愛知総合工科(全科)
緑丘(総合) 瑞陵(食物)
愛知商業(全科) 瑞陵(理数)
名古屋工科(全科) 南陽(総合)
向陽(国際科学) 中川青和(全科)
名東(国際英語) 菊里(音楽)
西陵(総合) 桜台(ファッション文化)
若宮商業(全科) 名古屋商業(全科)
名市立工芸(電子機械) 名市立工業(機械)
名市立工芸(情報) 名市立工業(電子機械)
名市立工芸(建築システム) 名市立工業(自動車)
名市立工芸(都市システム) 名市立工業(電気)
名市立工芸(インテリア) 名市立工業(情報技術)
名市立工芸(デザイン) 名市立工業(環境技術)
名市立工芸(グラフィックアーツ)  
 
第1回進路希望調査・リンク表
尾張地区・専門学科
Aグループ Bグループ
瀬戸北総合(総合) 瀬戸工科(ロボット工学・機械・新素材工学)
春日井工科(全科) 瀬戸工科(工芸デザイン)
犬山総合(総合) 春日井泉(地域ビジネス・ITビジネス)
一宮(ファッション創造) 春日井泉(生活文化)
一宮工科(機械・IT工学・電気) 犬山(総合ビジネス)
一宮工科(建築デザイン・都市工学) 尾北(国際教養)
一宮起工科(ロボット工学・機械・電子工学) 古知野(地域ビジネス・ITビジネス)
一宮起工科(環境科学・デザイン) 古知野(生活文化)
一宮商業(全科) 古知野(福祉)
津島北(総合ビジネス) 小牧工科(機械・航空産業・自動車・電気)
稲沢緑風館(園芸) 小牧工科(情報デザイン・環境科学)
稲沢緑風館(農業土木) 岩倉総合(総合)
稲沢緑風館(環境デザイン) 木曽川(総合ビジネス)
稲沢緑風館(生活科学) 杏和(総合)
海翔(福祉) 佐屋(生物生産・園芸科学)
半田農業(農業科学) 佐屋(生活文化・ライフコーディネート)
半田農業(施設園芸) 愛西工科(ロボット工学・機械・電子工学)
半田農業(食品科学) 愛西工科(建築デザイン)
半田農業(生活科学) 半田工科(ロボット工学・機械・電気)
半田商業(全科) 半田工科(建築デザイン・都市工学)
常滑(セラミックアーツ・クリエイティブデザイン) 東海樟風(全科)
大府(生活文化) 桃陵(ヒューマンケア)
  桃陵(衛生看護)
  知多翔洋(総合)